--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.08

Child Aid モザンビーク その3

私は、November team 2008に参加し、
2009年5月から11月までの半年間、
アフリカ、モザンビークでボランティア活動をしてきました。


プロジェクトは「Child Aid」
このプロジェクトには3つのプログラムがあって、
今日は、そのなかの1つ、
CB-DOTプログラムについて、紹介したいと思います。




CB DOT
Community Based Direct Observation of Treatment

村で、治療の直接観察。


何の?


結核。



結核は、HIV/AIDS、マラリアにならぶ、
3大感染症の1つで、
世界で毎年800万人が新規で発症し、
毎年200万人が死亡している病気。

アジア地域をはじめとする開発途上国で多く発症しています。


結核菌は人から人に感染し、結核を発症すると、
肺に穴をあけて空洞を作り、気管支や肺を腐らせます。

進行すると、血液やリンパを通って、結核菌が全身に運ばれ、
5年以内に50%が死亡するといわれています。


日本では2005年に結核予防法が改正、
乳幼児へのツベルクリン反応検査が廃止されました。


乳幼児の重症結核を防ぐため、
BCG接種を生後6か月までに行うことになっています。



WHO(世界保健機構)が提唱する結核対策戦略では、

DOTS
Directly Observed Therapy Short-care
(直接監視下短期治療)

を行っています。


医療従事者は患者に薬を処方するだけでなく、
患者が服薬するところを目の前で確認し、飲み忘れを防ぎます。

P1140658.jpg



このDOTのプログラムでは、
村のActivistとともに、患者宅に薬を届け、
内服をサポート、全身状態の観察を行っています。

また、村内にはボランティアの人たちがいて、
毎日、患者を探しまわっています。

早期発見することも重要なことです。
結核がどんどん広まっていくのを、防ぐためです。


結核かもしれない人がいる、
という情報を、村のボランティアの人からもらい、
私たちは、その人を訪問しました。

結核の疑いがあり、痰の検査をしなければなりません。
私は、その女性に検査の必要性を説明し、
検査を行いました。

↓ボランティアの人が、痰の検査の説明をしています。
このカップに痰をとり、私たちが病院へ持って行き、検査が行われます。

P1150548.jpg




DOTコミュニティの結核の特徴は、
HIV/AIDSで免疫が低下して発症していることが多いです。


HIV陽性率は26.5%と高い。



私たちのターゲット患者の多くはHIV陽性プラス結核。


結核の治療は、6カ月、抗結核薬の内服を行います。

ここで重要なことは、薬の耐性菌を作らないこと。



内服開始後、2カ月すると、多くの人が症状が消失し、
あたかも、結核が治ったかのように体調がよくなります。


ここで、内服を中断してしまう人が多いのです。
でも、体の中には、まだ結核菌が住みついています。


薬を飲んだり飲まなかったりすることで耐性菌が作られ、
結核の治療が困難となります。


耐性菌ができてしまったことで、結核の薬が効かなくなり、
手術せざるをえないケースも目にしました。


村の病院では、設備が不足しているため、
その人は市の大きな病院まで行くことになってしまいました。


この6カ月の内服治療では、
患者のモチベーションを維持したり、
中断した人に治療再開を促したりすることも
私たちの重要な役目でなのです。

↓結核の女性に薬の説明をしています。
P1130916.jpg

↓この女性は、6カ月の治療を無事終えました。
おめでとうございます☆
P1150744.jpg


↓結核の女の子です。現在、内服中です。
P1140825.jpg

↓「毎日、薬を飲を飲んでいますか?」内服表の確認をしています。
P1150924.jpg


P1150917.jpg




そして、もう1つ、
私の仕事には、Supervision(監督・管理)があります。

患者が、自分の病気に対する知識をきちんと持っているか、
内服治療継続の重要性をきちんと理解しているか、
などの確認を行うことです。

↓「結核は、どうやって感染するか知っていますか?」
P1140875.jpg


病院のナースと連動して、患者データーベースの管理もしています。

患者のデーターベースは
名前の記入ミスや更新し忘れていたり・・・


プロジェクト上層部ののSupervisionが来る前は
決まって大慌てで、
データーベースを
修正する繰り返しなので、
日頃からしっかり管理しないと。。。



そのほか、村のActivistの仕事には、
病院やヘルスセンターで、待ち合い患者に対して、
プレゼンテーションを行い、
コレラや、マラリア、ハンセン病などの
疾患に対する知識と予防法を指導しています。

・・・・・・・・


↓村のボランティアの人と、患者さん宅訪問日の打ち合わせ中です。
P1150738.jpg

↓自転車で村を訪問します。
P1150895.jpg


P1150896.jpg


↓時には歩いて。
P1150569.jpg


↓南アフリカ人のDI(ボランティア)です。一緒に村をまわっていました。
P1150562.jpg


日差しがきつく、村を回るのは、大変ですが、
6カ月の治療を終えたときの患者さんの笑顔をみることが
とても楽しみでした。


kiyo, November team 2008



スポンサーサイト

2010.04.03

Farmers Club ‐Lilongwe, Malawi‐ 2

2008年11月チームに参加し、マラウイで活動を行ったSenさんの活動記事の2回目を紹介します☆

前回の記事は→こちら(http://volunteermemories.blog94.fc2.com/blog-entry-112.htm)から


Report from: Sen(DI)
Project: Farmers Club Lilongwe
Period: May 15. 2009 to July 15. 2009


1. 私の状況
マラウィに着いて6週間、私は主に幼稚園での先生の指導と、農民の指導をしていました。どちらの仕事もとても大変で、特に計画を自分たちで作り、それを実行していくことは難しい作業でした。しかし、少しずつであったけど、現地の人々とコミュニケーションをはかり、また、少しずつであるけど、彼らの信頼を得ることができ、自分のボランテイアの仕事に少しは充実を得ることが出来ました。

2. 私の仕事
現時点で、私は三つのメインの仕事を持っています。一つ目は、幼稚園での仕事。二つ目は、農民支援活動。三つ目は、農民の状況調査と、農民支援キャンペーン。

Ⅰ. 幼稚園支援活動
今、私は5つの幼稚園の支援活動をしています。(幼稚園の名前 Nyanda, Musanji, Sixpens, Kambiya, Chikweteza)
実際、これらの幼稚園の状況は悪く、たとえば、子供のための勉強道具もなく、ましてや、食べるものない状況でした。それに加え、衛生環境もとても悪い状況でした。私は、この状況を変えるために、毎朝、幼稚園に向かい状況改善の話し合いを村の先生たちと話し合い、また、時にはどのような教育の仕方が子供たちに良いのか、自分なりに試行錯誤しながら実践したりもしました。

Sen11

Sen12

Ⅱ. 農民支援活動
私は、農民の持つ農園の手伝いをし、また、自分で農園を作り、実際に農作物を作ることに取り掛かりました。まず、良質の土作りをはじめました。お金も科学肥料もないので自分たちで、良い土を作らなくてはいけません。
それで、一番簡単でお手軽な、枯葉を燃やしそれを土と混ぜ、水を加え、数日待つという手段をつかい、農園の土をつくりました。種は、運よくプロジェクトから手に入れることができました。

Sen13

Sen14

Ⅲ. 農民状況調査とキャンペーン
各地の村に通訳と一緒に行き、そこで農民にインタビューをし、作物の写真をとり、簡単な農民のための新聞を作りました。残念なことに、その新聞は農民全員に支給することができませんでした。主に、プロジェクトの人々にむけてのものでしかありませんでした。


3. これからの問題点、目標
私は、幼稚園の状況改善に強い関心がある。なぜならば、村人や私のプロジェクトのスタッフもあまり、幼稚園での活動に興味を抱いていないからである。確かに、私のプロジェクトは農民支援の活動である。しかし、子供の教育水準を上げていくことも、これからのマラウィのためになるのではないかと考え、私はこの活動を自主的にやっていこうと考えた。
まず、どのように活動していくかを自分なりにプランをたてた。

1 step:各幼稚園の状況調査

2 step: 教師や親と問題点の話し合い (community member)

3 step: 他のボランテイアとの情報交換や話し合い (UNICEF, CBO=マラウィ政府のボランテイア組織, and BANAI School=マラウィの教師の学校)

4 step: 改善
・Food condition― (vegetable garden, School lunch)
・Teaching method
・Hygiene condition
・Other issues

5 step: 教師へのスキル育成 (for become supervisor)

6 step: 教師間の情報交換の組織


他に、村単位での親のための改善プラン。

< School Committee >(Responsibilities for committee)

1.Solve the problems at preschool
2.Build a school
3.Secure the food
4.Assist with materials
5.Watch whether children are going to preschool
6.Communicate with government (CBO)
7.Income generation (Open vegetable garden)
8.Watch how teachers are doing (Make plans together)

(Teaching condition)

①Lesson Plan
②Follow the plan
③Teaching method

(Teaching materials)

①Teaching materials
②Effective use
③Developing material

(Hygiene condition)

①Washing hands
②Cleanness of building

(Food)

①Food(school lunch)
②Cooking assistance

このプランは、以前DIとして働いていた人のものを参考にしている。
これらの、プランをやっていきたい。

Sen15

Sen16

また、自分たちの農園を拡大していきた。なぜならば、自分たちの農園から、野菜の苗を作り、それを幼稚園や他の農民に提供していこうと考えるからだ。

Sen17

Sen18

4. 最後に
私にはあと4ヶ月マラウィで働く時間がある。しかし、ほんの少しの期間であり、正直、本当に短い期間である。やっと現時点で自分ができること、目指そうと思っていることがわかり、時間をもっと大切に使おうと考えている。
また、私の活動をもっと円滑にするには、現地語の理解をもっと深め、村人たちとのコミュニケーションを密にしていく必要があると考えられる。とにかく、自分ができることを一生懸命やっていこうと考える。この限られた時間を無駄にしないよう、これからも頑張っていこうと考える。

Sen19

Sen20

テーマ : 海外ボランティア - ジャンル : 福祉・ボランティア

2010.03.18

Child Aid モザンビーク その2

私は、November team 2008に参加し、
2009年5月から11月までの半年間、
アフリカ、モザンビークでボランティア活動をしてきました。


プロジェクトは「Child Aid」
このプロジェクトには3つのプログラムがあって、
今日は、そのなかの1つ、
RITAプログラムについて、紹介したいと思います。


RITAとは、

Reduction of Impact and Transmisson of HIV/AIDS

の略で、

「HIV/AIDS伝染の削減」ということです。



HIV/AIDSは、世界3大感染症の1つで、(他、結核、マラリア)
患者総数は3000万人を超えています。
特に深刻なのが、アフリカなどの開発途上国。


私がいたモザンビークのソファラ県では、
感染率は26.5%と高い。

これにより、モザンビークの平均寿命は43歳。
世界ワーストワン。

日本は83歳の世界トップ。




私は、
現地のプロジェクト看護師と、
RITAプロジェクト地区の責任者、
村のボランティアとともに、
HIV患者の自宅を訪問しました。


彼はHIV陽性で、内服治療をしています。
処方された薬をきちんと飲んでいるか、
何か変わった症状が出ていないか、等の
状態の観察を行います。


HIVに感染してしばらく、多くの人は、
キャリアという症状のない状態が続きますが、
ウイルスが増殖して、免疫をつかさどる細胞CD4T細胞が破壊されると、
免疫力がおちて、日和見感染を発症します。
正常では750/ul、200以下で、日和見感染合併リスクが高くなります。
AIDSでは、健康な人はかからないような、
カリニ肺炎や、肺結核などの日和見感染にかかりやすくなります。



彼は20代、妻と就学前の小さな子どもがいます。
妻へも、感染の可能性が懸念され、
HIV検査を勧めましたが、
妻は拒否しました。

P1110317.jpg


HIVが陽性という、
結果を恐れて拒否するケースを多く目にしました。


エイズになるかもしれません。

両親が若くして亡くなると
彼らの子どもは、エイズ孤児になります。



検査は無料で行えます。
必要性を説明し、
1日でもはやく、検査を受けてもらえたら、と思います。


私たちは、村のボランティアの人とともに、
啓発活動も行っています。

P1110333.jpg


P1140250.jpg

↑プロジェクトの看護師と、村を巡回。




村のボランティアの人たちは、
15名ほどのCCCというグループに入っています。

プロジェクトのトレーナーが、
このグループをトレーニングしています。

P1120208.jpg


彼らは、私たちとともに、患者を訪問する以外、
日々、村を巡回しています。

病気で病院へ搬送が必要になった場合、
その手段となります。

また、村の子どもに対しても気を配っています。

グループトレーニングでは、
HIV/AIDSについての知識、予防方法を学びます。
また、子どもの権利についてもテーマにとりあげられました。

P1120238.jpg



多くの子どもが、家事手伝いをし、
とくに、井戸での水くみをしている子どもをよく見かけます。

P1110171.jpg



P1130896.jpg




子どもは、水くみをする以外にも、
勉強する権利、
遊ぶ権利がある等ということをみんなで話し合いました。

P1150706.jpg


P1130822.jpg





子どもたちの未来のために・・・

P1110373.jpg

kiyo, November team 2008















2010.03.18

Child Aid モザンビーク その1

私は、November team 2008に参加し、
2009年5月から11月までの半年間、
アフリカ、モザンビークでボランティア活動をしてきました。

プロジェクトは「Child Aid」
このプロジェクトには3つのプログラムがあって、
今日は、そのなかの1つ、
AGSPプログラムについて、紹介したいと思います。

AGSPとは、
Ambassadors Girls Scholarship Programの略で、

奨学金制度プログラムです。

女子生徒の教育の機会を確保・維持するという目的で、
物品の配給を行います。

ノートやえんぴつ、毛布、制服、食べ物(豆類、塩、クッキング油)、
照明用のランプに使うパラフィンオイルなどです。


これらは、彼女たちの生活を助け、
安心して教育を受けることができる、、、ということにつながります。


私たちのプロジェクトの資金源となっているのは、

USAID(米国国際開発庁)

これは、アメリカ合衆国の政府組織で、海外援助を行っています。


配給物資は、そこからやってきます。


↓プロジェクトオフィスに届いた、配給用の毛布です。
P1100650_20100319031643.jpg



↓これを運搬車につんで....  (この車もUSAIDからのものです)
P1100912_20100319031930.jpg



↓みんなが待つコミュニティーへ。
 私は、物資とともに、backに乗っています。
P1100584_20100319032136.jpg



↓全身埃まみれになって.....
P1100922.jpg


↓たどりつくのは、ラクじゃない....
P1100965.jpg


↓毛布の配給の様子です。
P1110996.jpg


↓いつもは裸足。
P1100638.jpg


↓靴の配給です。
P1100837.jpg




↓靴をはく、この感覚、忘れない...
P1100821.jpg





↓順番待ち。
P1110993.jpg




↓クッキング油の配給です。
P1120111.jpg



道は悪いし、運搬車の数も十分とはいえない。

配給物資が村のひとたちへ届くまでは、大変だけど、
この工程を私たちで行ない、
配給物資が村人の手に渡るまで、見届けられることは
いいことだと思う。


こうやって物資が運ばれていくのですね。



村のこどもたちの笑顔がとってもステキでした。


P1100523.jpg

kiyo, November team 2008








2010.01.30

Farmers Club ‐Lilongwe, Malawi‐

今回は2008年11月チームに参加し、マラウイで活動を行ったSenさんの活動記事を3回にわたって紹介します☆

去年の5月に派遣されて2週間後に感じたことが書かれています♪


Report from: Sen(DI)
Project: Farmers Club Lilongwe
Period: May 15. 2009 to May 29. 2009


1. マラウィについて、はじめに感じたこと
私は、はじめてアフリカに、そしてマラウィに来てたくさんのことに興味を持ちました。
それは、食べ物であったり、交通事情、特にマラウィ独特の言語です。

彼らは、チチワ(Chichewa)という言語を日常で話します。いくらかの人は、英語を話しますが、やはりチチワが常用されます。現時点では、私はこの言語を理解するのは困難ですが、これから学んでいこうと考えています。



2. 生活
私は今、カシヤ(Kasiya)という村で暮らしています。
この村には電気はなく、また、売られている商品にも限られています。
特に食べ物は、 野菜が主体で、それにしても3種類位しか売られていません。

ちなみに、マラウィ人の主食は、シマと呼ばれる食べ物です。(トウモロコシを粉末にし、それを固めたもの。見た目はご飯に近いが、食感は、お餅に近い)

やはり、貧しいのだと実感しています。

しかし、ここに住んでいる人々は、それが当たり前なのでとくに気にせず、むしろ、楽しんで暮らしているように私には、みえます。また、この村の人々は、よく挨拶をします。朝、昼、晩と人に会うたびに、挨拶をしています。これは、マラウィの文化なのではないのかと思っています。



3. 仕事
私の仕事は、幼稚園のサポートと改善です。実際の状況は、全くと言っていいほど機能していません。
Farmers Club 
School Building


Farmers Club 
School Garden


3-. 状況
私が訪れた幼稚園は、 Masonji, Sixpens, Chifuka, Chitwetza と四つです。
Sen3.jpg

Farmers Club

① Masonji, Sixpens
教師の人数:20
子供たちの数:50人
Masonji:幼稚園はいくらかの学習道具がある。 (Some toy, swing, slide and ball)
Sixpens:幼稚園は、全く道具がない。

Farmers Club

Farmers Club

② Chifuka
教師の人数:15
子供たちの人数:30
道具:なし
    
③ Chitwetza教師の人数:5
子供たちの人数:40
道具:なし



3-. 問題点
これらの幼稚園はたくさんの問題を抱えています。

例えば、教師はボランティアなので自分の仕事をしないといけなく、子供たちに教育する時間がない場合があります。

他にも、学習教材が不足していて子供たちによい教育をすることができないという、問題が見られます。(子供たちの中には、本を見たことがないものもいる。)

また、食料問題-学校給食はないことも挙げられます。
それに加えて衛生問題も、考えなければなりません。なぜならば、衛生に対してのケアが全くされていないからです。



3-. 解決案
① DIが教師をサポートして、一緒になってクラスを開く。
② DIが教師と共に、運営プランをたてる。
③ DIがボランティア団体を訪ね、基金を募る。(幼稚園サポート費用)
④ 食糧問題解決のため、村のコミュニティーと連携して、野菜園を作り、継続して食物を栽培する。
⑤ 衛生問題について、村人、教師、子供たち、各自にプレゼンテーションをし、衛生管理の大切さを促す。



4. Farmers club herbal garden
Farmers Club

Farmers Club



5. 最後に
私のこれからの課題は、幼稚園を繰り返し訪問して問題点があれば、それを村の人々と連携して解決していくことでしょう。
そのためにも、現地語をいくらかはマスターし、コミュニケーションを大切にしていかなければならないと考えています。

また、私が今思うことは、モノを与えるのではなく、マラウィの人々と共につくりだし、そして自分たちでいろんなことを変えていける知識、スキル、独創性をもってもらい、自分たちでマラウィ国を発展させていけるという自信を持ってもらう、手助けをしていきたいということです。

Farmers Club

Farmers Club


SEN

☆次回は、SENさんのマラウイ滞在6週間目のレポートを掲載します♪☆




記事が気に入ったら↓クリックで応援を☆


テーマ : 海外ボランティア - ジャンル : 福祉・ボランティア

 | HOME |  »

アクセス数
プロフィール

CICD

Author:CICD
CICDはイギリスに在籍し、非営利団体No.3390280に登録されたボランティア養成学校です。
当校では、アフリカ/インドでボランティア活動を行う「国際ボランティアプログラム」参加者を募集中です!


連絡/お問い合わせ:cicd05@yahoo.co.jp

ウェブサイト:CICD日本語ウェブサイト

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Yhooログール
ブログランキング
☆たくさんの方に記事を見ていただくためにも、ご協力をお願いします。☆

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ

リンク
ブロとも登録♪

この人とブロともになる

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。