FC2ブログ

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.08.09

アフリカ/インドでのボランティア活動

アフリカ

この写真は、マラウイのTeacher Training College(教員養成学校)というプロジェクトで活動していた人が撮影したものです。

CICDでは、6ヶ月間の事前研修が無事に終了すると、アフリカ/インドへの派遣がなされます。

3月/9月チームはモザンビーク/インドのどちらか
5月/11月チームはマラウイ/モザンビーク/ナミビアのいずれか

に派遣となります。
派遣国やプロジェクトは、参加者が選択します。

ほぼ、日本人の参加者はやはりアフリカ派遣を希望します。
日本からインドに直接行くことは簡単にできますものね。


アフリカ/インドでボランティア活動をする際は提携のNGO Humana People to Peopleの管轄下にあります。

みなさんが活動を行う際は、現地のプロジェクトリーダーとスタッフ、現地の人々と密接に活動する、いわゆる「草の根協力」です。

活動時間は朝から夕方まで、基本的に日が沈む4~5時くらいには終了します。
そのかわり、朝は早いです。6~7時くらいから開始します。
特にアフリカの人たちの朝は早いです。これは、夜に電気がないところが多く、早く寝るためでしょうか。

日曜日はお休みです。この日はショッピングに行ったり、農村を見て回ったり、家で寝ていたり。。。と、好きなことができます。
クリスマスや新年もお休みです。

また、期間中に1週間の休暇と、1週間の研究週間をとることができます。
派遣国から出国することは規則上できませんが、派遣国内を旅行できたり、違うプロジェクトや団体を訪問することができます。

みなさんのなかには、「ボランティアに来たのだから、休みなんていらない!」という人もいると思います。
そういう人は、休暇をとらなくても全然、大丈夫です。
ただ、心身ともにしっかりと疲れをとるのは大切なことです。

医療機関にかかる必要があった場合。
例えば、風邪をひいたり、下痢をしたり、時にはマラリアにかかってしまったり。。。
その場合は、現地のNGOが指定した、安全で質の高い病院に行くことになります。
医療費は全て現地のNGOが支給しますので、自己負担する必要は一切ありません。

その他、滞在費/食費/交通費/ポケットマニーは全て現地のNGOが補填します。
金額や内容は少し、活動する国やプロジェクトによって異なる場合があります。


活動できるボランティアの内容について

マラウイでのボランティア活動の詳細(PDF)

モザンビークでのボランティア活動の詳細(PDF)


記事が参考になりましたら↓クリックで少しの応援を☆


スポンサーサイト

テーマ : 出来ることから始めよう! - ジャンル : 福祉・ボランティア

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://volunteermemories.blog94.fc2.com/tb.php/10-93c2ffa2

▲TOP

 | HOME | 

アクセス数
プロフィール

CICD

Author:CICD
CICDはイギリスに在籍し、非営利団体No.3390280に登録されたボランティア養成学校です。
当校では、アフリカ/インドでボランティア活動を行う「国際ボランティアプログラム」参加者を募集中です!


連絡/お問い合わせ:cicd05@yahoo.co.jp

ウェブサイト:CICD日本語ウェブサイト

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Yhooログール
ブログランキング
☆たくさんの方に記事を見ていただくためにも、ご協力をお願いします。☆

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ

リンク
ブロとも登録♪

この人とブロともになる

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。