FC2ブログ

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.11.22

ビルディング・ウィークエンド!!

11月7日と8日にビルディング・ウィークエンドが行われました☆
 
ビルディング・ウィークエンドとは、月に1度行われている行事で、学校全体で学校のメンテナンスや新しい設備を作るなどします。
この目的は第1に学校の運経費を削減するため。CICDには清掃員などいなく、日々の掃除は学生が毎日行い清潔に保っています。


例えば、清掃員を雇ったとしたら参加費は今の倍になってしまうそうです。建物のメンテナンスも同様で、ビルディング・ウィークエンドで先生&学生全体で行って経費を浮かそうということなのです。もちろん、ここで得た技術や経験はアフリカ、インドに行ったときに役に立ちます。
またイギリスでは、休日に家のメンテナンスを自分で行うことは当たり前のようです。実際、ガイアの作業で土曜日にちらし配りに出かけると、壁をペンキで塗ったりしている風景をよく見かけます。


 ビルディング・ウィークエンドは、金曜の夜8時から行われます。ダイニングホールには今回の作業場所と名前が書かれたホワイトボードが置かれ、自分の担当を確認します。

↓こんな感じでスケジュールが発表される
BW1.jpg

詳細な内容はというと。。。。

Timetable of the Building Weekend (November 2009)
*6, NOV, 2009 (FRI)*
20:00 – 22;00 作業(翌日の準備)

*7, NOV, 2009 (SAT)*
8:00 – 9:00 Breakfast
9:00 – 11:00 作業
11:00 – 11:30 Coffee Break
11:30 – 13:00 作業
13:00 – 14:00 Lunch
14:00 – 16:00 作業
16:00 – 16:30 Coffee Break
16:30 – 19:00 作業
19:00 - ディナー

*8, NOV, 2009 (SUN)*
8:00 – 9:00 Breakfast
9:00 – 11:00 作業
11:00 – 11:30 Coffee Break
11:30 – 13:00 作業
13:00 – 14:00 Lunch
14:00 – 15:00 作業 & 片づけ (Finish!!)



ちなみに今回は、マラウイ・ビルディング、ナミビア・ビルディングのキッチン製作、リフォームが主な作業内容でした。

先生によると、ビルディング・ウィークエンドで予定している作業のリストはかなりあるらしく、それを必要に応じて実行していっているとのことです。例えばマラウイ・ビルディングに室内物干し場を作る計画をリストに追加したそうなのですが、取りかかれるのはまだ先のことのようです。

今回は、ナミビアビルディングのキッチン製作と下水処理施設の整備の内容をメインに紹介したいと思います。


キッチン作成チーム

CICDには、生徒の部屋として使用されている建物が3つあります。マラウイ、ナミビア、モザンビークの3つです。マラウイ・ビルディングには2010年 3月チームのガイア・プログラム参加者が滞在しています。

モザンビーク、ナミビアには、それぞれ2009年9月・11月チームのDI達が生活しています。

そのうち、現在キッチンがあるのはモザンビークだけのため、残り2つの建物にもキッチンを作る作業が行われました。
BW2.jpg

写真上:ナミビア・ビルディングです。ダイニング・ホールから一番遠い場所にある建物ですが、夜には星が綺麗に見える場所でもあります。


BW3.jpg

まずは、キッチンの基盤となるシンクを組み立てます。

その後は水道の栓などを取り付けました。

上左の写真は、シンクとなるステンレスを取り付ける用に円形の穴をあけているところです。今まで体験したことのない作業や、使ったことのない工具の使い方を覚えられるのも、ビルディング・ウィークエンドの良いところと言えるでしょう。


SEWAGEチーム

続いてはSEWAGEチームです。「SEWAGE」とは下水処理施設のことで、CICDから徒歩5分程の所にあります。ここにはキッチン、トイレ、シャワーで使用した水などCICD中の水が集まり、様々な工程を経て再利用可能な水へと生まれ変わります。

SEWAGEチームはまず作業着を上から着て、長靴を履き、作業グローブという完全防備の出で立ちでCICDを出発しました。

土曜日は気温が低く屋外での作業は寒かったのですが、CDやラジオをかけるなどして、皆で陽気に作業を行いました。(音楽はここでの生活では欠かせないものになっています!!)


BW4.jpg

↑写真はSEWAGEへ繋がる太いパイプです。これを通じて排水が集まります。作業中もキッチンからの水などが随時流れてきました。


まずは貯水場所のセメントが古くなっていたので、塗り替える作業を行います。
全体は主にレンガで出来ているため、水がしみ込んで外に漏れないようにセメントを塗っているものです。

古いセメントを剥がす作業は力が要りますが、とても綺麗に剥がせました。
その後はセメントを混ぜ、塗る作業です。これもセメントと土の割合や水加減が難しく、丁度よいセメントを作るにはコツがいりました。

ですが3月チームのジョーは経験があり、工具の扱いにも慣れていたため、作業がスムースに済みました!!続いては水量を調節するバルブの交換です。現在使用していないバルブを付け替えました。


BW5.jpg

BW6.jpg


日曜には時折小雨も降りましたが、天気にも恵まれて気持ち良く作業ができました。
雨の後にはこんなに綺麗な虹も見ることが出来ました。(写真上左)

これも、外での作業の醍醐味です!!アルバニア出身の3月チームのメンバーは「こんなにくっきりした虹は見たことがない」と感動していました。


CICDでは何年か前に同じ作業をしたことがあるらしいのですが、その時は4日も掛ったそうです。
ですが、今回のチームは2日で終わらせる事が出来ました。それも経験者が率先して作業を行い、慣れていない人に教えたりサポート出来たからだと思います。
それでも作業終了後にはCICDに戻り、人手を必要としている他のチームの手伝いや2日間で使用した工具などの片づけを行いました。


また、ビルディング・ウィークエンドの担当場所には「キッチン」があり、ここでは2日間の食事やCoffee Break時のクッキー、アイスなどを用意したり、食事の後にダイニングホールを片づけと清掃を行います。
それぞれに作業した後でご飯を食べたり休憩に来れるのも、このキッチン担当の学生がいるからです。毎食、いつも以上においしい料理が出てきました。


日曜日の夕食時には、各チームのリーダーが作業内容と達成具合を報告しました。

キッチン作製チームやSEWAGEチームの他にも、マラウイ・ビルディングのリフォームなどは作業が終わり、そのことをリーダーが報告すると拍手が起こっていました。
また、2日間、美味しい食事で作業隊を支えてくれたキッチンチームにも感謝の意を込めて盛大な拍手が送られていました。


普段は雑誌販売やちらし配り作業でランチを一緒に取れなかったり、夕食の時間にもみんなが揃わない事が多いのですが、この2日間は皆で同じ時間にダイニング・ホールに集まったことは、学生の団結力が上がった様に思えました。

次のビルディング・ウィークエンドは来月です。今度はどんな作業を行うのか、どんな新しい経験が出来るのかと思うと今から楽しみです。


2009年11月チーム Tomoko
スポンサーサイト

テーマ : 海外ボランティア - ジャンル : 福祉・ボランティア

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://volunteermemories.blog94.fc2.com/tb.php/105-8374580f

▲TOP

 | HOME | 

アクセス数
プロフィール

CICD

Author:CICD
CICDはイギリスに在籍し、非営利団体No.3390280に登録されたボランティア養成学校です。
当校では、アフリカ/インドでボランティア活動を行う「国際ボランティアプログラム」参加者を募集中です!


連絡/お問い合わせ:cicd05@yahoo.co.jp

ウェブサイト:CICD日本語ウェブサイト

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Yhooログール
ブログランキング
☆たくさんの方に記事を見ていただくためにも、ご協力をお願いします。☆

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ

リンク
ブロとも登録♪

この人とブロともになる

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。