--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.01.25

助手席。

今日はCo-driverについて。(単語あってる?)

なにをするか?
リフレティング、古着回収の時に
助手席に座ってドライバーに目的地まで道案内をする。

簡単そうに思うでしょ?
これが以外と大変。
でもCo-driverが出来るか出来ないかで
仕事がだいぶ違う。
Co-driverが出来れば古着回収に行ける。
古着回収は1日/30bags
楽じゃない仕事だけど寒い中歩き回るよりはいい。

どう大変か。
まず地図を読むのが以外と大変。
普段から地図を観たり、地図が好きじゃないと大変だと思う。
僕は地図も読むのは苦手じゃない。
車の運転もするし、街中を歩き回るのも好きだから
地図を見て「歩いていけないかな」とかよくみてた。
だから最初のリフレティングのときから
「街並みが見たい」と思って助手席に座ってて地図を横から覗いたりしてた。
そしたら「地図は好き?」って聞かれたから「YES!」って答えてた。
これが功を奏してCo-driverの仕事にTRYできるチャンスが到来。
朝、ミニバスに乗ったら「今日Co-driverはSatoshiね」って言われて驚いたけどね。
(今までミニバスの助手席以外に座ったことがない。)


リフレティングの時のCo-driverはリフレティングする街まで道案内と
リフレティングする人たちにエリアを振り分けて、各々をそれぞれのエリアに落としていく。
誰をどこのエリアにするか、Meet pointをどこにするかを決められる。

ただリフレティングするエリアに入ってからの道案内が大変。
道の名前が曲がり角の建物の壁に書いてあったり、なかったり...
自分の位置を、しっかり把握してないとアッという間に迷子。

map


しかも道によっては一通だったり
工事中だったり...

でも慣れちゃえば大したことはない。
それにリフレティングのメンバーをみてエリアを決められるのは良い。

この人は必ず集合時間に遅れるから最初に落として、最後に拾おうとか
この人は、いつも1,000枚以上リフレティングするから広いエリアにしようとか
こいつはちゃんとやってないから小さいエリアにしようとか

全て自分が決められる。

リフレティングのCo-driverを1週間ぐらいやって
おとといからは古着回収のCo-driverもやり始めた。
こっちのほうが難しい。
まずはCICDからエリアまでの道案内
エリアに着いたら効率よくBAGを回収できるように道案内をしつつ
家の玄関あたりをチェックしてBAGを見つけたら回収。
この道案内をしながらBAGを探すのが難しい。
気を抜くとアッという間に「ここどこ・・・?」
体は疲れないけど、目と頭が疲れる。
でもCo-driverをやれれば確実に1日/30bagsが得られるから良い仕事だと思う。


記事が気に入ったら↓クリックで応援を☆
 

スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://volunteermemories.blog94.fc2.com/tb.php/111-8e8f95ab

▲TOP

 | HOME | 

アクセス数
プロフィール

CICD

Author:CICD
CICDはイギリスに在籍し、非営利団体No.3390280に登録されたボランティア養成学校です。
当校では、アフリカ/インドでボランティア活動を行う「国際ボランティアプログラム」参加者を募集中です!


連絡/お問い合わせ:cicd05@yahoo.co.jp

ウェブサイト:CICD日本語ウェブサイト

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Yhooログール
ブログランキング
☆たくさんの方に記事を見ていただくためにも、ご協力をお願いします。☆

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ

リンク
ブロとも登録♪

この人とブロともになる

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。