FC2ブログ

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.08.13

マラウイからのレポート「3」

マラウイ8
 ↑幼稚園建設に関わっているコミュニティとボランティアの人達。


 私はマラウイに来て、もうすでに3ヶ月が過ぎてしまいました。
 つまり半分です。

 「まだ十分なことをできていないのに」という焦りがいっぱいです。

 実は私の担当の幼稚園(8つ)の1つに、建物もかわりに使う教会もない幼稚園があります。
 「その幼稚園に建物を提供してあげたい」と思っていました。

 そのために、いろんな人に募金をお願いしたりして資金を作っていたわけです。

 しかし、その委員会が建物を作ることしか考えておらず、学費も集めている様子もないし、給食もストップしているし、ただレンガを作ることに夢中になっています。

 建物が重要なのも分かります。
 風や雨の日に授業をするのはかなり難しいし、だからこそ私は、彼らとともに建物を建てたかったわけです。

 建物は建ったら完成・終了です。

 しかし、「学費収集や小さなビジネスは、委員会がずっと継続して働かないと意味を成さないものだから、それを疎かにしては建物を建てたとしても幼稚園が機能するとは思えないし・・・最低限の基盤をいつも保持していて欲しいのに・・・!!」

 と、不満があるわけです。

 しかし、不満があるからといいて、諦めたり放っておく理由にはなりません。

 そこで、私は、
 「何度も会議の予定を立てても委員会は集まらないし、学費収集などを委員会がしない限り校舎建設の協力は出来ない」
 との文句の手紙を会計に押し付け、懲りずに会議の日をまた設けたわけです。

 かたや、また違う幼稚園では、今まで村の教会を幼稚園として使っていましたが、教会の人達が「子供が建物をだめにするから、もう幼稚園として使わないで欲しい」と突き放してしまったため、その村の委員会は大工の副議長さんを中心として、独自に建物を建て始めました。

 素晴らしい!!

 彼らはセメントなど買う余裕がないため、一時的な土で出来た建物を建てる予定だったそうです。

 土の建物は・・・こっちに協力したい!!と思ってきました。

 学費も彼らはちゃんと集めているし、給食のとうもろこしも集めている。村長さんも協力的で学費収集の際に、委員とともに各家を回って、払わない家には圧力をかけるというなんて協力的な村なのか・・・ 

 涙。

 こういう村にDevelopmentが訪れるべきだ・・・と思って仕方がないわけですね。

 しかし、2つの幼稚園を建てるのは経済的に難しそうなので、私はこの二者択一の分かれ道に立たされてしまいそうです。

 ああ、どうしましょう。ともかくこれからの委員会の動き次第で決めたいと思います。


次に続く。。。



記事が気に入ったら↓クリックで応援☆




スポンサーサイト

テーマ : 海外ボランティア - ジャンル : 福祉・ボランティア

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://volunteermemories.blog94.fc2.com/tb.php/14-3c25d4a2

▲TOP

 | HOME | 

アクセス数
プロフィール

CICD

Author:CICD
CICDはイギリスに在籍し、非営利団体No.3390280に登録されたボランティア養成学校です。
当校では、アフリカ/インドでボランティア活動を行う「国際ボランティアプログラム」参加者を募集中です!


連絡/お問い合わせ:cicd05@yahoo.co.jp

ウェブサイト:CICD日本語ウェブサイト

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Yhooログール
ブログランキング
☆たくさんの方に記事を見ていただくためにも、ご協力をお願いします。☆

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ

リンク
ブロとも登録♪

この人とブロともになる

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。