FC2ブログ

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.09.12

Second hand book saleプロジェクト-アフリカで本は必要なのか?

ここでアフリカでの活動のまとめと感想を…

と、いきたいところなのですが、実はこのプロジェクトにはもう1つ別のお仕事があります。

Second hand book sale(中古本販売)というお仕事です。

これは2006年12月に開始したばかりの新しいプロジェクトで、活動目的などは中古衣類・靴販売と同じです。


実は、私のメインのお仕事はこっちの中古本販売だったのです。

本当に皆さんにお伝えしたかったのは、こっちのお仕事のほうです。

なので、自分のまとめと感想を話す前に、このプロジェクトについてお話させていただけたらと思います。



「アフリカで本の販売???」

と、このプロジェクトの名前を聞いた時、おそらく90%以上の人は不思議に思うでしょう。

なので、最初は「何で本の販売が必要なのか?」ということを簡単にお話しようと思います。

「アフリカに必要なのは、衣類、食糧、安全な水、教育/農業の改善と向上だろう!何で本なんか販売する必要があるんだ!単なるビジネスだ!」

と、思われてもごもっともだと思います。

しかし、それだけで片付けられないと私は思います。

衣類、食糧、安全な水、教育や農業を必要とする人がアフリカ・マラウイで多くを占めるのは事実です。

ですが、それ以外にも、別のものを必要としている人がいるとは思いませんか?

アフリカ・マラウイでは、全員が衣類、食糧、安全な水、教育や農業を必要としているわけではありません。
これらを十分に持っている人も居るのです。

簡単に言います。

都市や街に居住している人、大学や学校に通っている人、会社に勤めている人、

つまり、ほんの少し所得に余裕がある人々が求めているのは、本です。


そして、実際にマラウイの学校や公立図書館も本をたくさんと必要としています。

なぜなら、教育にとても大切となる教科書や絵本をはじめとする本が十分にないからです。

あとは、マラウイで開発に携わっていたり、働いたりしている外国人の人にも当てはまると思います。


マラウイには、全くといってもおかしくないほど、本がありません。

本屋さんは、都市に1つあるかないかです。

本を購入しようと思うと、値段にびびってしまいます。
そう、衣類や靴と同様にとっても高いのです。

なので、いくら所得に少し余裕がある人でも、中々そう簡単に本を購入することができません。

ですが、何度も言いますように、本を必要としている人はとても多く居ます。

特に、教育本・ビジネス書物や絵本はとても重宝されています。

Humana People to People マラウイでは、そのような人たちを対象にこのプロジェクトを開始しました。

次に、このプロジェクトについて詳しくお伝えします。


記事が気に入ったら↓クリックで応援を☆


スポンサーサイト

テーマ : アフリカ - ジャンル : 海外情報

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://volunteermemories.blog94.fc2.com/tb.php/43-d28dffac

▲TOP

 | HOME | 

アクセス数
プロフィール

CICD

Author:CICD
CICDはイギリスに在籍し、非営利団体No.3390280に登録されたボランティア養成学校です。
当校では、アフリカ/インドでボランティア活動を行う「国際ボランティアプログラム」参加者を募集中です!


連絡/お問い合わせ:cicd05@yahoo.co.jp

ウェブサイト:CICD日本語ウェブサイト

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Yhooログール
ブログランキング
☆たくさんの方に記事を見ていただくためにも、ご協力をお願いします。☆

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ

リンク
ブロとも登録♪

この人とブロともになる

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。