FC2ブログ

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.12.13

マラウイ・アマリカという場所から 現地活動報告3-4

TTC(教員養成)プロジェクト現地活動報告
~マラウイ・アマリカから~ 


みなさんこんにちは。アマリカより3回目のレポートをお届けいたします。

【暮らしについて】
私の一日
 アフリカの朝はとても早いです。朝5時過ぎれば誰かの歌声(大声)が聞こえきます。朝の弱い私は無視して1~2時間ほどベッドの中にいますが、アマリカ周辺の幼稚園に視察に行く日は6時半ごろからスタンバイして、1時間以上自転車を漕ぎ、午前中を使って2~4つの幼稚園に行きます。火曜、木曜、金曜は午後からユース・クラブという周辺の村の若い人たちと様々な活動を行います。火曜はスポーツ、木曜はHIV/AIDS、金曜は農業です。

 その他にTTC(教員養成カレッジ)の図書館での作業や教材作成や管理、授業を行ったりしています。アマリカに到着して1ヶ月が経とうとしていますが、ここでの生活に慣れれば慣れるほどやりたい事も増えどんどん忙しくなりますが毎日が楽しく充実しています。

シマ
 シマ。アマリカでは毎食生徒と一緒に食事を採りますが、週の8割シマが出てきます。シマとはトウモロコシを粉にして水と混ぜて火を通したものです。
DIのホステル
 DIホステル。コンクリートの打ちっぱなしのホステルですが、自分で洋服用のハンガーを作ったりと工夫次第で快適に過ごせます。
工事の様子
 工事の様子。急ピッチで工事が進んでいます。クリスマスまでに終わる予定です・・・

【コミュニティー・レッスン】
 はじめてのコミュニティー・レッスンに行ってきました。
 現在アマリカではTTC(教員養成学校)から徒歩で30分くらいのところにある、フォレストオフィスという場所で英語のレッスンを行っています。

 私の担当ではないのですが、新入りということで、コミュニティーの方々にあいさつと紹介も兼ねて30分くらい自己紹介、私が旅行した国、世界のあいさつとボディーランゲージについて話をしました。
 コミュニティー・レッスンには18歳くらいから様々な年齢の方が参加しています。私は今後コミュニティーでせっけんを作るインカム・ジェネレーションを展開していこうと思っており、現在準備中です。

コミュニティー・レッスンの様子
 コミュニティー・レッスンの様子。今は椅子や机もない状態ですが、少しずつでも改善していけたらと思います。

【ユース・クラブ】
 ユース・クラブでは周辺の村の若者層(ティーン・エイジャーから20代半ばくらい)を対象としたアクティビティーを行います。

HIV / AIDS, ドラマ 
 火曜の2:30~4:30はHIV / AIDSとドラマに関して活動をしています。
 HIV / AIDSとドラマの組み合わせを不思議に思うかもしれませんが、まずHIV やAIDSに対する正しい知識を身に着けてもらい、そのあとドラマや歌などを通し、ユースのメンバーが各村を訪れ、HIVの検査を受ける大切さや、感染から身を守る方法、その他の知識を紹介するという意図があります。12月20日にアマリカTTCのオープン・デーがあり、ここで初めてパフォーマンスすることが決まっています。

HIVの感染に関して学習中
 HIVの感染に関して学習中。部屋のスペースを「危険」「場合によって」「安全」の3つのパートに分け、同じ食器を使う、握手する、コンドームを使わない性行為など、様々な例をあげ、各自の思う危険度を示す場所に移動する。その後なぜそう思うのか、どうすれば感染を避けられるかなど討論しました。

【図書館】
 アマリカ校がオープンして2ヶ月ほどが経ちましたが、図書館の本が不足している状態でした。そこで1000冊ほどブック・セールのプロジェクト(Humana People to Peopleのプロジェクトの1つ)から届いた本を運び、現在ソーティングや修復を行っています。

 ほぼ1人で行っているためかなりの時間を要しますが、クリスマスの休暇を使って来年には本の貸し出しを開始できたらと思っています。早く学生たちがこの本を使って勉強できるようになればと頑張っています。

図書館1 図書館2
図書館3
 汚れた本をきれいに拭き、ページが破れているもの、表紙がなくなっているものを修復し、表紙の裏にカードを入れるポケットを作成し貼りつけました。 
 次の段階は図書カードの作成とカテゴリー分け、登録作業です。数名の学生を集め、本の修復方法に関して簡単なコースも開きました。

【コース】
 現在TTCにはクラスが2つあり、通常1時間、もしくは2時間のコースが行われます。
 第3週目に両方のクラスに言語学に関するコースを行いました。

◆言語学
目的:言語とは何か理解する、世界の言語に対する理解、話者数とその歴史背景、日本に
関する理解

導入:言語とは何か?/コミュニケーションの手段はどんなものがあるか?

Step1
 世界にはいくつの言語があるか(language familyについて,世界地図を配布)/マラウィの言語に関して/公用語とは何か?/方言とは何か?

Step2
 世界にはどのような言語があるか?/世界の母語話者数(第10位までとチェワ語話者数、グラフを用いて)

Step3
 日本語に関して 漢字/ひらがな/カタカナ/簡単な音韻論

Step4
 ゲーム
 漢字の成り立ちの説明をstep3でしたので、魚や馬などの動物がどのように漢字に変化したか、3段階のカードを正しく組み合わせるというゲーム。チームに分かれ実施。
  例)
   牛1  ⇒  牛2  ⇒   牛3

Step5
アクティビティ
ひらがな、カタカナの一覧を配布し、自分の名前を書く。

◆今後受けたいコースに関するアンケート結果
・源氏と平氏に関して
・将軍に関して
・広島、長崎(原爆)に関して
・日本の宗教観
・日本の習慣(冠婚葬祭など)
・台湾に関して(対中関係など)
・ミャンマー人とダライラマに関して
・オーストラリアの歴史(特に流刑地として)
・仏教

【最後に】
 日を追うごとに自分のできること、やりたいことが見えてくるため、どんどん忙しくなります。朝の7時から夜22時まで仕事をすることも少なくありませんが、子どもたちの笑顔や生徒の驚く顔や喜ぶ顔を見るためなら苦になりません。(仕事は自分で見つけて計画し、実行するため、誰もがこんなに忙しいというわけではありませんが・・・)
 あっと言う間に1ヶ月が過ぎましたが、やりたいことが山積みです。焦らず、できることは少なくても私が去った後でも生徒やコミュニティーの人たちが自ら継続して行っていけるよう基礎を作ることができたらと思います。

                                      2008年5月チーム 外薗 雅子
 

記事が気に入ったら↓クリックで応援を☆


スポンサーサイト

テーマ : 海外ボランティア - ジャンル : 福祉・ボランティア

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://volunteermemories.blog94.fc2.com/tb.php/66-0a17b3f3

▲TOP

 | HOME | 

アクセス数
プロフィール

CICD

Author:CICD
CICDはイギリスに在籍し、非営利団体No.3390280に登録されたボランティア養成学校です。
当校では、アフリカ/インドでボランティア活動を行う「国際ボランティアプログラム」参加者を募集中です!


連絡/お問い合わせ:cicd05@yahoo.co.jp

ウェブサイト:CICD日本語ウェブサイト

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Yhooログール
ブログランキング
☆たくさんの方に記事を見ていただくためにも、ご協力をお願いします。☆

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ

リンク
ブロとも登録♪

この人とブロともになる

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。