--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.12.03

2010年度以降応募者の参加費用の変更について

CICD「国際ボランティアプログラム」参加費用が、2010年度以降の応募者を対象に以下のように変更となります。

2010年1月1日以降に3月/5月チームに応募した方
・ご入学金£550(うち£250はデポジットとして自動的にプログラム費用`へと返還になります)
・プログラム費用;個人事前支払い£2,400

2010年1月1日以降に9月/11月チームに応募した方
・ご入学金£600(うち£300はデポジットとして自動的にプログラム費用`へと返還になります)
・プログラム費用;個人事前支払い£2,750

※1 今年の2009年12月31日までに入学手続きを済まされる方は、従来どおりの費用に変更ございません。
※2 今回、変更となるのは参加費用のうち、個人事前支払いのみです。事前研修期間中に行うPartnership活動の補填金額には変更はございません。

昨今の世界的経済不況や、イギリスの経済情勢などを見込んだ上での決定となりました。皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解とご了承をお願いいたします。


CICD 中尾

2009.11.29

How is the GAIA course going?

こんにちは☆

今回はCICDの奨学金プログラムGAIAコースの紹介をしたいと思います。

GAIAコース担当の先生はWendyです(写真中央)。

Gaia1


2009年11月現在では、VISAの関係で遅れて来た2009, November Bチームと2010, Marchチームの学生が活動しています。GAIAクラス・ルームはDining Hallがある建物の中にあります。(DI の暮らす・ルームも同じ)


1週間のスケジュール
月・火   作業日
水     学習日
木~土  作業日
日     休日

これが基本ですが、個人の担当によっては水曜にも作業をする人がいるため、学習日を別の曜日に振り替えるなどする場合もあります。
また、月に1度は週末2~3日が学習日となります。

1日の大まかな流れ
7:30 – 8:00   朝食
8:00 – 9:00   朝会
9:00 – 13:00  作業

13:00 – 14:00  昼食(ちらし配りをしている日は昼食は各自で)
14:00 – 19:00  作業
19:00 -      夕食


朝会では環境問題を勉強したり、日替わりのゲストがプレゼンテーションを行ったりします。先日までは、2008年9月チームで事後研修から戻ってきた人たち3人がCo-teacherとしてGAIAの生徒と一緒に活動していました。

日替わりのゲストの例としては、広報担当のMarieによるClimate ChangeのプレゼンやCo-teacherによるアフリカ派遣を終えての話など、どれも興味深い内容ばかりです。

朝会が終わると、各自その日の作業へ取り掛かります。



About GAIA jobs

仕事は主にLeaflet、Store、Garden、Collect、Container maintenance等があります。

・Leafletとは、チラシ配りです。

一日1,000枚を目標に配ります。その日の目的地区に皆でミニ・バスに乗って行きます。
そして各自の担当エリアの家の一軒一軒に歩いてチラシを配ります。
歩き続けなければいけないので、かなりの体力が必要です。配り方は人それぞれですが、皆出発前に準備をしています。下準備しておけば、配る時は歩くだけで構わないからです♪

ランチは朝食時に各自でサンドウィッチを作るなどして用意します。
作業は自分のエリアの地図に従って行います。

Gaia2
↑チラシの準備をしているところ


リーフレットの仕組みは次の通りです。

1.リーフレットには回収日が書いてあり、洋服や靴などを入れたバッグを家の前に置いておいてもらう。

2.それを回収日にCollectチームが回収

自分の担当のエリアから何バッグ回収出来たかで、その人の1日の報酬が決まります。
例えば、100枚リーフレットを配って、全ての家から1バッグづつ回収出来たとしたら、その人のその日の報酬は100bagsとなります。(1bags = だいたい約£1~1.5)

また、例え目標数の1,000枚配ったとしても1バッグも回収出来なかったのであれば、その人はその日0bagsとなります。努力も必要ですが、運も必要です。

ちなみに報酬方法はそれぞれ次の通りです。(注:2009年11月現在)

Leaflet 回収されたbagの数
Collect 30bags/day
Store 30bags/day
Garden 15 – 30 bags/day

GAIAコースでは2カ月の参加で£1,200が免除されるため、参加者はこれらの仕事でこの金額を稼がなければなりません。(注:2009年度からは補填金額は£925へと変更)


仮に目標に達しなかった場合はチームメンバーに助けてもらうか、自腹で不足金を払う必要があります。回収出来るバッグ数は季節、エリアのよってまちまちです。少ない時も多いですが、チーム一丸となって時には休日も返上しながら、なんとか目標に達成できるように努力しています。



次にその後のbagの行方を詳しく紹介します☆
Leafletチームが配った黄色いリーフレットに書かれている日に、Collectionチームが回収に行きます。

下の写真のリーフレットにWednesday(赤字)で書かれていますが、それが回収日です。
Collectionは基本的に、運転手とCo-driver(地図、案内担当)の2人でLeafletしたエリアを回り家の前に置かれたbagを回収します。

Gaia3

見逃さないように注意深く各エリアを回ります。
簡単に思われる方もいるかもしれませんが、なかなか難しいのです。
でも慣れると宝探しみたいで楽しいです。Bagを寄付してくれた家庭には“Thank you!!”と書かれたLeafletをポストに入れます。(写真上右)


Collection担当は回収エリアを全部回った後、たくさんのbagを車に積んでCICDに帰って来ます。
回収したbagは次に”Store”と呼ばれる保管倉庫へ運ばれます。StoreはCICDのメインビルディング(広報オフィスやキッチンがある建物)に隣接しています。


下の写真がStoreの建物です。

ここに集められた洋服は、Store作業担当の学生によって、キャプサックと呼ばれる白い大きめの袋にまとめられて、最終的にはトラックで東欧に運ばれます。


Gaia4

Storeの仕事は、キャプサックにbagを詰めることです。
隙間が出来ないようにして、なるべく多くのbagを詰めて、大きめの糸と針でキャプサックの口を縫い合わせて完成です。
この仕事はとても力のいる仕事です。(storeの中では大抵ラジオが流れています!)


GAIAコースは奨学金コースの為、月~土は基本的に作業をします。

リーフレットを始め、他の仕事もどれも楽なものはないので体力的にも大変です(汗)
ですが事前研修であるDIが始まる前にチームメイトと仲良くなれたり、学校の仕組みを知れたり、体力がつくなど、その後の活動に役立つコースと言えます。


ひとこと~NO MUSIC NO LIFE~

GAIAの活動に欠かせないものは何といっても音楽です。

リーフレットで歩いている時に個人のmp3を聞きながらの人が大半です。
そして、ミニ・バスで移動の最中やStoreでも音楽を流します。

大抵は“Viking FM”というヨークシャー州のラジオ局がメインです。

流行りの曲は何度も何度も流れるので、みんな覚えてしまいます!

少しでもCICDの生活に触れたい方はViking FMのサイトを覗いてみてください。

CICDにいる気がするかも?!
【http://www.vikingfm.co.uk/】


Tomoko



記事が気に入ったら↓クリックで応援を☆


2009.11.22

ビルディング・ウィークエンド!!

11月7日と8日にビルディング・ウィークエンドが行われました☆
 
ビルディング・ウィークエンドとは、月に1度行われている行事で、学校全体で学校のメンテナンスや新しい設備を作るなどします。
この目的は第1に学校の運経費を削減するため。CICDには清掃員などいなく、日々の掃除は学生が毎日行い清潔に保っています。


例えば、清掃員を雇ったとしたら参加費は今の倍になってしまうそうです。建物のメンテナンスも同様で、ビルディング・ウィークエンドで先生&学生全体で行って経費を浮かそうということなのです。もちろん、ここで得た技術や経験はアフリカ、インドに行ったときに役に立ちます。
またイギリスでは、休日に家のメンテナンスを自分で行うことは当たり前のようです。実際、ガイアの作業で土曜日にちらし配りに出かけると、壁をペンキで塗ったりしている風景をよく見かけます。


 ビルディング・ウィークエンドは、金曜の夜8時から行われます。ダイニングホールには今回の作業場所と名前が書かれたホワイトボードが置かれ、自分の担当を確認します。

↓こんな感じでスケジュールが発表される
BW1.jpg

詳細な内容はというと。。。。

Timetable of the Building Weekend (November 2009)
*6, NOV, 2009 (FRI)*
20:00 – 22;00 作業(翌日の準備)

*7, NOV, 2009 (SAT)*
8:00 – 9:00 Breakfast
9:00 – 11:00 作業
11:00 – 11:30 Coffee Break
11:30 – 13:00 作業
13:00 – 14:00 Lunch
14:00 – 16:00 作業
16:00 – 16:30 Coffee Break
16:30 – 19:00 作業
19:00 - ディナー

*8, NOV, 2009 (SUN)*
8:00 – 9:00 Breakfast
9:00 – 11:00 作業
11:00 – 11:30 Coffee Break
11:30 – 13:00 作業
13:00 – 14:00 Lunch
14:00 – 15:00 作業 & 片づけ (Finish!!)



ちなみに今回は、マラウイ・ビルディング、ナミビア・ビルディングのキッチン製作、リフォームが主な作業内容でした。

先生によると、ビルディング・ウィークエンドで予定している作業のリストはかなりあるらしく、それを必要に応じて実行していっているとのことです。例えばマラウイ・ビルディングに室内物干し場を作る計画をリストに追加したそうなのですが、取りかかれるのはまだ先のことのようです。

今回は、ナミビアビルディングのキッチン製作と下水処理施設の整備の内容をメインに紹介したいと思います。


キッチン作成チーム

CICDには、生徒の部屋として使用されている建物が3つあります。マラウイ、ナミビア、モザンビークの3つです。マラウイ・ビルディングには2010年 3月チームのガイア・プログラム参加者が滞在しています。

モザンビーク、ナミビアには、それぞれ2009年9月・11月チームのDI達が生活しています。

そのうち、現在キッチンがあるのはモザンビークだけのため、残り2つの建物にもキッチンを作る作業が行われました。
BW2.jpg

写真上:ナミビア・ビルディングです。ダイニング・ホールから一番遠い場所にある建物ですが、夜には星が綺麗に見える場所でもあります。


BW3.jpg

まずは、キッチンの基盤となるシンクを組み立てます。

その後は水道の栓などを取り付けました。

上左の写真は、シンクとなるステンレスを取り付ける用に円形の穴をあけているところです。今まで体験したことのない作業や、使ったことのない工具の使い方を覚えられるのも、ビルディング・ウィークエンドの良いところと言えるでしょう。


SEWAGEチーム

続いてはSEWAGEチームです。「SEWAGE」とは下水処理施設のことで、CICDから徒歩5分程の所にあります。ここにはキッチン、トイレ、シャワーで使用した水などCICD中の水が集まり、様々な工程を経て再利用可能な水へと生まれ変わります。

SEWAGEチームはまず作業着を上から着て、長靴を履き、作業グローブという完全防備の出で立ちでCICDを出発しました。

土曜日は気温が低く屋外での作業は寒かったのですが、CDやラジオをかけるなどして、皆で陽気に作業を行いました。(音楽はここでの生活では欠かせないものになっています!!)


BW4.jpg

↑写真はSEWAGEへ繋がる太いパイプです。これを通じて排水が集まります。作業中もキッチンからの水などが随時流れてきました。


まずは貯水場所のセメントが古くなっていたので、塗り替える作業を行います。
全体は主にレンガで出来ているため、水がしみ込んで外に漏れないようにセメントを塗っているものです。

古いセメントを剥がす作業は力が要りますが、とても綺麗に剥がせました。
その後はセメントを混ぜ、塗る作業です。これもセメントと土の割合や水加減が難しく、丁度よいセメントを作るにはコツがいりました。

ですが3月チームのジョーは経験があり、工具の扱いにも慣れていたため、作業がスムースに済みました!!続いては水量を調節するバルブの交換です。現在使用していないバルブを付け替えました。


BW5.jpg

BW6.jpg


日曜には時折小雨も降りましたが、天気にも恵まれて気持ち良く作業ができました。
雨の後にはこんなに綺麗な虹も見ることが出来ました。(写真上左)

これも、外での作業の醍醐味です!!アルバニア出身の3月チームのメンバーは「こんなにくっきりした虹は見たことがない」と感動していました。


CICDでは何年か前に同じ作業をしたことがあるらしいのですが、その時は4日も掛ったそうです。
ですが、今回のチームは2日で終わらせる事が出来ました。それも経験者が率先して作業を行い、慣れていない人に教えたりサポート出来たからだと思います。
それでも作業終了後にはCICDに戻り、人手を必要としている他のチームの手伝いや2日間で使用した工具などの片づけを行いました。


また、ビルディング・ウィークエンドの担当場所には「キッチン」があり、ここでは2日間の食事やCoffee Break時のクッキー、アイスなどを用意したり、食事の後にダイニングホールを片づけと清掃を行います。
それぞれに作業した後でご飯を食べたり休憩に来れるのも、このキッチン担当の学生がいるからです。毎食、いつも以上においしい料理が出てきました。


日曜日の夕食時には、各チームのリーダーが作業内容と達成具合を報告しました。

キッチン作製チームやSEWAGEチームの他にも、マラウイ・ビルディングのリフォームなどは作業が終わり、そのことをリーダーが報告すると拍手が起こっていました。
また、2日間、美味しい食事で作業隊を支えてくれたキッチンチームにも感謝の意を込めて盛大な拍手が送られていました。


普段は雑誌販売やちらし配り作業でランチを一緒に取れなかったり、夕食の時間にもみんなが揃わない事が多いのですが、この2日間は皆で同じ時間にダイニング・ホールに集まったことは、学生の団結力が上がった様に思えました。

次のビルディング・ウィークエンドは来月です。今度はどんな作業を行うのか、どんな新しい経験が出来るのかと思うと今から楽しみです。


2009年11月チーム Tomoko

テーマ : 海外ボランティア - ジャンル : 福祉・ボランティア

2009.10.22

愛情いっぱい。

これは何でしょーかっ??
090707+Oxford 南アフリカの方にいただきました。_convert_20091023070544

正解です
りんごです。

でも、タダのりんごではありません
募金活動中に、頑張って!といって、雑誌を買ってくださったかたからいただきました
(ある意味タダですね・・・)

募金活動は、やはり大変なものですが、
ときどきびっくりするくらい嬉しい出会いやこのような優しい方に出会えたりして、
励まされたり、自分のやろうとしていることに自信が持てたり・・・

いろんな方に応援していただいていることを忘れずに、頑張りますっ


                                           09年5月チーム あゆみ


記事が気に入ったら↓クリックで応援を☆
 

テーマ : 海外ボランティア - ジャンル : 福祉・ボランティア

2009.09.30

南アフリカから帰ってきました!


こんにちは!
2008年9月チームのCHIKAです。
先週南アフリカからCICDに帰ってきました!

イギリスに着いた途端、駅や空港にゴミは落ちてないし、緑の木が青々と生えていて
「イギリスに帰ってきたんか!」
と衝撃を受けました・・・笑


みんな、元気ですかー?
CICDに行こうか行かまいか迷ってる人も、
CICDにいるDIも、
いろんな国にいるX-DIも、
みんな、元気ですかー?

2008年セプテンバーチームはみんなうるさいほどに元気ですよ!


さて、今日は住んでいた家や環境、コミュニティーでできた友達の写真をいっぱい
あげてみようと思います。

場所は南アフリカのリンポポ州にあるJene Furseという小っさな町
自分の出身地と似てほんとにのどかな場所でした

こんな家に住んでいました
こんな家に住んでいました
コンクリートの家、掃除がしやすい!
最初窓のセキュリティーが足りなくて、泥棒が!
違うDIのパソコンと私のiPODが盗まれました・・



トイレ1
トイレは外のボットン式




トイレ2
中はこんなかんじ




湖
家のすぐ目の前は湖!
土日には4-5人の男の人らが湖の横に座って
話したり、ぼーっとしたり、なんなりで4時間くらいいて
それぞれのlifeを楽しんでました



少し場所の紹介をすると、先ほども言ったようにJane Furseはほんとに小っさい町
「南アフリカ」と聞くと「アフリカで一番経済が発達した国」というイメージありませんか?
確かにヨハネスブルグはダーバンといった場所は
ビルビルビルびる・・・・
そこら中ビルだらけ!田舎出身の私にとっては完全に都会!
高そうな車もいっぱい走ってるし、高級住宅街もある。
でもよく見ると「rich」と「poor」の違いが激しいというのが現実です
ヨハネスブルグでは、電気や水道は家にあるのは当たり前。
洗濯機や冷蔵庫だってもう「あたしまえ」のものです。
でもjene furseでは、電気のない家も、水道がないために川の水を使ってる家もある
もちろん洗濯は手洗い、公共の水道のある場所にたくさんの人が集まって
洗濯をしてる風景をよく見ました

といいつつも、基本的な生活用品、スタイルに違いはあるものの
田舎にも「絶対貧困」はありません
やはりアフリカで経済力一番なだけありますね

アパルトヘイトの影響が今でも色濃く、かなりの衝撃を受けたのも事実です
でも、これについてはまた次回語らせていただきますね






ではここで可愛い写真!


ライオン
ライオン!
野生??

もちろん、Rino and Rion Parkという怪我した動物を保護してる場所にいって
見てきたライオンの子供たちです
可愛い!ほんとに可愛い!
そして大人しい!



白ライオン
暑すぎて寝てる!ホワイトライオン
可愛い!ほんとにネコみたいじゃないですか?




南アフリカには結構国立公園があるので、もし南アフリカに行く際には、
ぜひ!!!!!

ということで、またちょくちょく書きます!
CICDでは3月チームを初め、5月チームも
ファンドレイジング頑張ってますよ!
そしてこっそりインフルエンザが流行っているので
免疫機能を高めつつ!


2008 セプテンバーチーム CHIKA


記事が気に入ったら↓クリックで応援を☆
 











テーマ : アフリカ - ジャンル : 海外情報

2009.09.04

CICD東京説明会の実施について

2009年10月17日(土)に東京にてCICDの国際ボランティアプログラム説明会を実施いたします。


以下のような方の参加、大歓迎です♪
 ・CICDの国際ボランティアプログラムにご興味のある方
 ・アフリカ/インドでの国際協力・ボランティア活動にご興味・関心のある方のご参加
 ・その他、ボランティア活動に興味がある方など

ぜひぜひ、お友達/お知り合いをお誘いの上、お気軽にご参加下さい。


~CICD国際ボランティアプログラム東京説明会の日程~

【日時】2009年10月17日(土),18:30~20:30(※時間延長の可能性あり)

【場所】(財)女性労働協会 女性と仕事の未来館 第2セミナー室
〒108-0014 東京都港区芝5-35-3
JR田町駅三田口(西口)から徒歩3分、地下鉄(都営浅草線、都営三田線)三田駅A1出口から徒歩1分 
地図→(http://www.miraikan.go.jp/access/index.html

【会場名】「CICD国際ボランティアプログラム説明会」

【内容】1.CICD国際ボランティアプログラムについて
     2.参加者によるモザンビーク・TCEプロジェクト活動/ヨーロッパでの事後研修活動報告

【参加費/定員】無料/20名前後

【応募〆切】10月15日(木)までに、お名前(おふりがな)/ご職業/Eメールアドレスを必ずご明記の上、cicd05@yahoo.co.jp(担当:中尾)までご連絡下さい。

・関西近辺にお住まいの方で個人面談をご希望の方は、常時受け付けております。お気軽にcicd05@yahoo.co.jpまでお問い合わせ下さい。


皆様のご参加を心よりお待ちしています。


CICD日本広報担当
中尾

テーマ : 海外ボランティア - ジャンル : 福祉・ボランティア

2009.09.04

CICDニュースレター最新号の追加

みなさん、こんにちは。

CICDのニュースレター最新号、日本語訳が完成しました☆
遅くなり、申し訳ないです(汗)


CICDニュースレター6・7月合併号の内容は以下のように構成されています;

★今月号特集★
Garden Farming!
・ガーデン・ファーミングへの取り組み~アフリカ/インド派遣に備えて~
・Study and Action on July & August!!

○アフリカ/インド関連記事○
・職業訓練校でのビルディング・ウィークエンド, マラウイ -By EJ
・Farmers ClubとWomens Culb-コミュニティ開発活動, モザンビーク -By カミラ


特にカミラさんの活動報告記事はおススメです♪

アフリカ・モザンビークでの生活をはじめ
彼女の活動についてとてもわかりやすく書かれていて、

アフリカにもし行ってボランティア活動するとき

「どういうことが具体的にできるのか・してきたのか」


というのが彼女の記事から読むことができます。

特に今回は彼女が活動した「ウーマンズ・クラブ」の報告があります。

アフリカで女性に関する活動をしたい方には是非とも読んでいただきたいです☆


詳細はこちら↓から
【http://cicdvolunteer-japan.org.uk/News04Sep09.html】  

CICD日本広報担当
中尾       

テーマ : 海外ボランティア - ジャンル : 福祉・ボランティア

2009.08.30

デンマーク★

こんにちは

ただいま、5月チームは2週間のデンマークの研修に来ております
前半の一週間は2~3人のグループに分かれてデンマークの学校にお世話になっております
後半の一週間は全員で集合して、週末のオリンピックに備えて皆で準備・・・のハズ

学校といえど、普通の学校とはちょっと違うんです。
家庭の複雑な事情で、通常の学校に馴染めなかった学生さんが皆で寮生活している学校です。

勉強よりも、スポーツ活動や音楽活動に力を入れております

私がお世話になっている学校は、セーリング中心です。
学生さんはダイビングやウォータースキー(・・・で日本語あってますかね)をしています。

一緒に海に行かせてもらいましたが、めちゃかっこいいっ!!
写真を載せたかったのですが、容量オーバーでした。残念っ!
学生さんは、明るくて楽しいです♪♪
ただ、何回言っても「ニーハオ」とあいさつしてくれる・・・。
だから、違うねんって・・・。

ここの学校長いわく、
普通ってなんだ??ってことです。

ただ、イスに座って先生の話を真面目に聞くことが「普通」なのか??って

物事は多面的で、
ここにいる生徒は、普通の学校で、駄目だ駄目だと叱られて、自分が何かできる!っていう自信を
持てなかった。
ここにきて、普通の学校ではダメと言われていた生徒が、ダイビングやセーリングで才能を発揮し、自分ができることを見出して、自信をつけて社会にでる。

一辺倒なものの見方ではなく、いろんな面から一つの物事を見られるようになりたいなと思いました。

来週はチームの皆と再会して、オリンピックのお手伝いです。
楽しみです
頑張ります

                                           5月チーム あゆみ


記事が気に入ったら↓クリックで応援を☆
 

テーマ : 海外ボランティア - ジャンル : 福祉・ボランティア

2009.08.17

Garden Farming

CICDにはガーデニングの場所があり、
ここにはグリーンハウスもあります。

昔、、、と言っても今から2~3年前は植物が中心に植えられていたのですが、

今では野菜などが中心に育てられています。

CICDガーデニング
 ビートの根

キャベツ
 キャベツ。 なかなか、美味しそうじゃないですか??

カレンとネルソンも。。
 学校長カレンも参加。ネルソンもお手伝い??
 母親がわりのシェパート犬のサーシャはなぜか見当たらず。。。

カリンのガーデニング
 私たちの先生、カリンももちろん参加。相変わらず、元気です。

野菜いろいろ
 野菜いろいろ。

もしかしてズッキーニ?
 ズッキーニ??

これもズッキーニ?
 ズッキーニですよね。

とれたての野菜をキッチンへ!
 とれた野菜は即キッチンへと!
 40~50人の前では、すぐになくなっちゃうんだろうなぁ。。。


ガイアプログラム参加者は、
コンポスト(堆肥)を行ったりしたり、

確か春前のビルディング・ウィークエンドでは、
近所で乗馬クラブをしているところが、

馬糞を無料で提供してくれて、
DI(学生)の何人かが馬糞を運ぶお手伝いをしたりしました。


あまり聞きなれない人には
「えー」と思われるかも知れませんが、

自分たちで肥料を工夫したり、
野菜や何かを育てるっていうこと、


みなさんはチャレンジしたことがありますか


近々完成するCICDニュースレター最新号で、
CICDの菜園についても紹介します!

お楽しみに★☆


記事が気に入ったら↓クリックで応援を☆






テーマ : 海外ボランティア - ジャンル : 福祉・ボランティア

2009.08.11

こんにちは☆

はじめましての人ははじめまして☆
お久しぶりの方はお久しぶりです♪
March08、モザンビークでTCE(Total Control of Epidemic)で働いてたYuです^^

長いこと方々から書いて書いてと頼まれたたんだけども…なにせ筆不精で…

たぶん、ブログって言うのは万人向けに書くもの何だろうけれど、
初登場ながら少しばかりこの場を借りて勝手なことを…

CICDにいるみんな、元気ですか?
日々の日課やFundraisingに押し潰されそうになってないですか?
みんなが元気になるように、少しでも目標になるように、
良く分からない機能だらけで不安だけど、いろいろ写真上げますよ☆

アフリカ、インドで頑張ってるみんな、元気?
どんな所で頑張ってるのかな?また会えるの、楽しみにしてます><


では、今日は、うちが暮らしていたモザンビーク中部の町や村で一緒になった
可愛い子供たちの写真をメインにあげます♪
ほら、いきなり仕事の写真とかでもいいけれど、せっかくなら、心がほっこりするやつがいいでしょ☆


元気な村の子供たち
元気な村の子供たち

孤児たちのクリスマス
孤児たちのクリスマス

子供とマンゴーとナイフ
子供とマンゴーとナイフ

すっごいギター…誰がどうやって作ったんだろう?
すっごいギター、誰がどうやって作ったんだろう?




なんだか、本当に写真がアップ出来てるんだかわからないや。。
もし出来てなかったらごめんなさい^^;

また、誰かに尻を叩かれたら記事を書きます。
今度は、アフリカで住んでた家とか、きれいな景色とか、
あとは最後の弐ヶ月にまわったドイツやポルトガルの写真もあげてみます♪

ではでは><

March 08 Yu Nakamura

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

2009.08.11

9月/11月チーム開始時期の変更について

今回はCICD2009年9月/11月チーム開始日の変更についてお知らせします。

CICD「国際ボランティアプログラム」2009年9月/11月チームの開始日は以下のように変更となります。


2009年9月チーム開始日
・事前研修開始日→2009年10月2日
・アフリカ/インド派遣日→2010年3月15日前後
・事後研修開始日→2010年9月1日前後


2009年11月チーム開始日
・事前研修開始日→2009年11月30日
→ガイアプログラム2ヶ月間参加希望者→10月2日から開始
・アフリカ派遣日→2010年5月15日前後
・事後研修開始日→2010年11月1日前後

         
※上記の変更に伴い、実際には事前研修が2週間+ボランティア活動2週間短縮される形となり、結果として合計1ヶ月間が短縮されます。

 

※2009年9月/11月チーム開始日変更の理由について※
CICDでは本年度2009年からのイギリス教育機関登録更新にともない、先月7月中旬にイギリスHome Officerより再び認可を得ました。
このため、EU国籍者以外の日本人をはじめとするインターナショナル・スチューデントの方々は、引き続き学生ビザ申請・取得の手続きを行いプログラムに参加することが可能です。

CICDでは現在、イギリスHome Officerから学生ビザ申請・取得手続きに必要となる「Sponsor License」の受理を待機している状況にあり、Home Officerからこちらが8月25日~9月上旬頃となる連絡を受けました。したがいまして、学生ビザ申請を開始できるのが9月上旬~中旬頃となります。

これにともないCICDでは、EU国籍者以外のプログラム参加者希望の方々の学生ビザ申請・取得の時間やその他の準備など考慮し、本年度9月/11月チーム開始日を従来より遅らせる形として決定いたしました。


CICDでは教育機関登録更新の時期に際して昨年度2008年から準備と申請を行っておりましたが、本年度2009年3月からイギリスビザ申請の制度が大幅に変更となったことも含め諸手続きの過程はもちろんのこと、Home Officerからの認可の審査に多くの時間が必要となりました。(CICDだけではなく、本年度に教育機関登録更新を迎えたその他のイギリスの大学・カレッジも同様)

その結果、審査結果が先月7月に出たばかりであり、最終的な手続き終了が8月下旬~9月上旬となります。

皆様には大変ご迷惑をおかけいたしておりますが、何卒ご理解とご了承をいただけましたら幸にございます。


CICD広報担当者 中尾

テーマ : 海外ボランティア - ジャンル : 福祉・ボランティア

2009.07.27

CICD東京説明会のお知らせ

お久しぶりです♪

広報担当者です。


ブログの更新がなかなかできておらず、すみません。。。(汗)
どうやらCICDのネット・サーバーの問題が発生したみたいで、学生の方々のブログ更新が難しい状況にあります。


ネットが修復し次第、またマイペースに更新していきますので、どうぞ温かく見守って下さい。


さて、今回はCICDから東京での説明会のお知らせをさせていただきます。


CICD国際ボランティアプログラムの説明会を9月中旬頃、東京にて実施する予定です。

日時・場所など詳細な情報は追ってご連絡させていただきますが、ご興味・ご関心、その他、説明会での要望(こういう情報が知りたい、こういうことを体験者から聞きたいなど)がございましたら、お気軽にcicd05@yahoo.co.jpまでご連絡下さい。


また関西で個人的にお話を聞きたい方も、cicd05@yahoo.co.jpまでお気軽にお問い合わせ下さい。
別途、個人的にお話やご説明をすることが可能です。


CICD広報担当者
中尾 

テーマ : 海外ボランティア - ジャンル : 福祉・ボランティア

2009.06.12

はじめまして。


はじめまして、May team09のreikoです♪




山口県出身の21歳で、大学で言語学を専攻しています。


ガイアには参加せず、一ヶ月前にCICDに来ました。




高校生の頃から国際支援に関心があって、


大学では実際に途上国に行ったり、


青年海外協力隊OGの方のもとでフェアトレードの勉強をしたり、


いろんなボランティア活動に参加していました。




CICDに参加した理由は、




   将来、貧困などの国際問題に貢献できる仕事に就きたいと思っているので、
   そのための十分な知識と経験が欲しかったから、です。






ではCICDでの生活はというと、




想像以上に忙しい!でも楽しい♪






ここではDmM、Partnership活動、kitchenなどすることがたくさんあります。



この間なんかはPartnership活動でロンドンとケンブリッジに行ってきました。




街頭で雑誌を売るのはやっぱり難しい。


通りすがりの人に声をかけて買っていただくわけですから。



でも、街の風景を楽しんだり、


その土地の人と話したり、


ときに友達になったり、



本当に貴重な体験でした。








CICDに来て一ヶ月。






ここには韓国、ブラジル、イタリア、フィリピンなどいろんな国籍の人がいます。


明るくて楽しくていい人ばかりです。





でも正直に言うと、


CICDに来た初めの一週間くらいは




乗り遅れた!と感じていました。




なぜなら、teamのほとんどの人がガイアに参加していて、既に仲良し。



しかも私の英語はたじたじ汗。




でもそれでも積極的に話しかけたりして、


少しずつ打ち解けて、


今ではこのteamが大好きです。





まだ私のCICD生活は始まったばかりですが、



DmM、Partnership活動、kitchen、英語、



課題はたくさんあります。




でも焦らず自分のペースで、



そして限られた時間を無駄にしないように、



一日一日を過ごしていこうと思っています。







アフリカ目指して頑張るぞー★



それでは♪




記事が気に入ったら↓クリックで応援を☆
 

テーマ : イギリス生活 - ジャンル : 海外情報

2009.05.27

モザンビークのラメゴより。。。

5月16日、首都からバスで17時間。。

無事に到着しました!

今、私がいるところは、
LamegoのADPPセンターで、
P1090870.jpg
ここには、ChildAidのプロジェクトオフィスの他に、
Teacher Training Collegeや職業訓練校があり、
その一角に私たちDIの住居もあります。
P1090945.jpg



ADPPセンターを出ると、コミュニティー。

Our community


これは、マーケットの様子。P1090892.jpg



Child Aidのオフィスです。

P1090922_20090528053026.jpg


そして始まったプロジェクトのお仕事。

この日は、Distributionに行ってきました。

With Mira

デンマーク校のDIのMiraと一緒に☆



Girls Scholarshipのプログラム。
女子生徒の教育の機会を確保・維持するという目的で、
物品の配給を行います。

今回は毛布と制服の配給です。

P1100236.jpg

P1100238.jpg


P1100265.jpg


この日は7つの学校、150人の女の子に配給されました。


とはいっても、私のポルトガル語はまだまだ。。
同じプロジェクトのMiraにいつも助けられてばかりです。。。



次回のブログのときには、もう少し、上達してるといいなぁ。



明日も、Distributionへ。
行ってきます!!!


Kiyo November team 2008











2009.05.24

Fund rasing 旅行記

今回は4月末から10日間ケンブリッジ、オックスフォード、ロンドンでおこなった初の雑誌売り旅行記についてです。

今までは学校からバスでいける範囲で雑誌売りに行っていましたが、今回から自分で売りに行く場所や、日程などの計画を全て自分たちでたてていきました。今回は日本人の太郎君、韓国人の女の子Jang-miと、佳子の3人で旅しました。
計画は1週間くらい前から行います。そうでないと、交通費や宿泊場所の都合がつきにくいので。
宿泊場所も全て、フリーアコモデーション(ネットのサイトで他人の家に泊めてもらう交渉をします。)を予約できたのですが、1日目ケンブリッジに着くまえより、先方に連絡が取れなくなり、YHA ホステルに宿泊しました。 3人ともそれにはがっかりでしたが、ホステルのEnglsh Break fastが美味しくて、すっかり元気を取り戻し、雑誌売りにでかけました。
ケンブリッジはあまり大きな街ではありませんでしたが、3人とも今までで最高の売り上げでした。
私は雑誌を売っているときに、すぐ近くの学校の先生と幸運な出逢いをし、彼は私がその日持っていた雑誌を学校の生徒に全て売ってくれました! こんな幸運なこともあるのです!

オックスフォードに移り、またもホステルに泊まることになりましたが、今回は泊まった部屋の他の女性2名が2人ともアフリカでボランティアをし、帰ってきたばかり!という偶然で不思議な出逢いをしました!彼らは自分たちの経験について語って下さり、私たちの活動に興味を持ち雑誌を買ってくれました。

ロンドンではやっと登録サイトのホストが見つかり、彼のお宅にお世話になりました。Nickというこの上なく親切なイギリス紳士で、観光の場所や、交通機関についてとても丁寧に説明してくれました。

今回の雑誌売りの旅では、限りなく素敵な出逢いを沢山しました。もちろん雑誌売りのたびは過酷なことも多々ありますが、こんな沢山の素敵な出逢いや、一緒に旅した仲間に恵まれたこと、イギリスの美しい町を旅できたことはSuper Happyな思い出です!出逢った皆さん!太郎、Jang-mi

ありがとう!




記事が気に入ったら↓クリックで応援を☆


テーマ : イギリス生活 - ジャンル : 海外情報

2009.05.11

ロンドン!ケンブリッジ!オックスフォード!

Hello!March Team のTAROです!
派遣国とプロジェクトが仮ですが決まりました!南アフリカで、TCE(Total control of epidemic)プロジェクト。エイズプロジェクトのことです。やる気でてきました!!

さて、先週Partnership活動で、ロンドン・ケンブリッジ・オックスフォードに行ってきました(^^)

たくさんの素敵な人たちに会って、話して、いろんなことを経験して、本当に充実した11日間でした。

次は、スコットランドのエディンバラに行きたいな・・・

では、また!!!!

TARO

テーマ : イギリス生活 - ジャンル : 海外情報

2009.04.27

改築?我らの学校!私たちはどこまでできるのか・・・・!?


 お久しぶりです!
November teamのSenです。
 
 今回は、この間行われたビックビルディングweekendについて書きたいとおもいます!
ビルディングweekendとは、要するにみんなで協力して学校の壊れている箇所を直しましょうという、画期的なイベントです!

ということで、学生はみんな、先生が見つけてきた壊れている箇所に振り分けられ、工事を開始しました!!!!

 自分の仕事は、なんと!!教室のフローリングの取り換えです!
あ~簡単な仕事だ~と、思いきや・・・・。
なかなか、いや。これが大変だったんですよ。実際!!!
なぜならば!フローリング換える前に、その上にのっているすべての物を撤去!&掃除機をかけて、きれいにするんです!挙句の果てに、なんか使わない水道があって、それをぶち壊しました!ハンマーで!ビックハンマー、生れて初めて使いました!(笑)
あまりに気合入れすぎて、軽く壁を<

壊しました。(笑)
んで、先生に見つかって、コンクリートで壁を固めました。(笑)
 先生曰く、「壁もフローリングするの?やる気満々だね~。」
とかなんとか言われながら、楽しく?工事をしました~!

 んで、やっとフローリングの取り換えです!
以外に簡単~♪板を一つ一つくっつけて行く。板をはめる時に、「パキ。」という音がすればOK!


 そして、ついに工事の完了!いい仕事しました、僕たち私たち!
次は、どこの工事ができるのだろうか?
乞うご期待です♪

という感じで、CICDの日々が過ぎていくのでありました。

<この写真は、作業風景です~♪>
P1090315.jpg

P1090309.jpg

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル : 日記

2009.04.06

CICDLIFE

こんにちは!TAROです。

今回のトピックはCICDの住まいについて!

CICDの敷地内には寮が3つあり、それぞれMozambique building,Malawi building,Namibia building という名前がついています。




CICDの生徒はこの寮に住んでいるのですが、部屋はこんな感じ↓↓



1人部屋だったり、ルームシェアだったり。

寮生活、楽しいですよ(^^)!!!!

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル : 日記

2009.03.25

初めまして、nozmiです♪

初めまして、nozomiです。28才、主婦で、学生です。

所属は3月からGAIAに参加している、May Teamです。
生まれは熊本(本当に生まれただけ!)でその後→東京・大田区→藤沢→横浜→静岡→横浜→シンガポール→東京・足立区→イギリスという移動をしています。

私の夢は、世界の貧困を無くす事!!

高校生の時に国連を見学してから、どうしてこの世界には豊かな国と貧しい国があり、貧しい国が貧しいままなのか?をずっと考えています。
だから大学では国際社会文化学科で主にバングラデシュの農村開発を勉強し、グラミン銀行に感銘を受け、個人融資を担当したくて、最初の就職先には銀行を選びました。
次の仕事はユニセフ協会で募金を集める仕事をしたけど、もっと現場を知りたい、アフリカを肌身で感じて考えたい、そして仕事に生かしたい、と言う気持ちが強くなり、CICDに参加しました。

参加できたのも、夫の理解と後押しがあってこそです。

私のこの自己紹介が少しでも、社会人になってる方や、結婚してる方の参考+後押しになればと思っています♪

どうぞ、よろしくね! では、また。

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル : 日記

2009.03.21

はじめまして。

こんにちは!New March Team Develop InstructerのTaroです。

名古屋市から来ました!味噌カツとか、ナゴヤメシが恋しいこのごろです。

CICDに来る前は大学で心理学を専攻していて、今は休学中です。
CICDのDIプログラムに参加した理由は、

アフリカでボランティアをするため

そのために専門的な知識とスキルを身につけるため

自分自身を成長させるため。

毎日studyとか雑誌販売とか食事作りとか、やることが多くて忙しいけれど、とても充実していて楽しいです。

毎日新しい経験を得たり、発見をしたり。

まわりはいろんな国から来た人ばかりで、価値観考え方も日本人とは違うわけで。
その中で生活していると、自分の狭い視野とか、価値観だとか、色んなものが毎日破壊されて、再構築されていく。

やっぱり、参加を決めたことは正解だったと改めて思います。この経験は間違いなく自分の人生に大きな影響を与えるんじゃないかな。


さて、September Teamがインドアフリカへと旅立ちました。ちょっぴり寂しい気もするけれど、彼らの念願のインド・アフリカ行きが叶って、本当にうれしいです。



DIにはresponsibilityが割り当てられていて、例えばFoodとかcleaningとか。

自分はHeatingです。石炭を巨大なに入れたり、薪を暖炉でくべたり。日本ではなかなか経験できない仕事だし、楽しんでやってます♪


つい先日、初めて街頭で雑誌販売をしました。CICDから車で2時間半くらいのBradfordという美しい街でした。今度行くときは観光で行きたいな・・・・

«  | HOME |  »

アクセス数
プロフィール

CICD

Author:CICD
CICDはイギリスに在籍し、非営利団体No.3390280に登録されたボランティア養成学校です。
当校では、アフリカ/インドでボランティア活動を行う「国際ボランティアプログラム」参加者を募集中です!


連絡/お問い合わせ:cicd05@yahoo.co.jp

ウェブサイト:CICD日本語ウェブサイト

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Yhooログール
ブログランキング
☆たくさんの方に記事を見ていただくためにも、ご協力をお願いします。☆

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ

リンク
ブロとも登録♪

この人とブロともになる

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。